宮城のニュース

<少年野球>川崎館山が2連覇

真夏の日差しの下、熱戦が繰り広げられた

 第10回宮城県知事杯・第26回河北新報旗争奪少年野球白石交流大会(白石市少年野球協会、河北新報社主催)が6、7日、白石市益岡公園野球場などであり、川崎館山バッファローズ(宮城県川崎町)が2年連続3回目の優勝を果たした。
 宮城、山形、福島3県の16チームが出場し、トーナメント方式で頂点を目指した。決勝は川崎館山バッファローズが序盤から得点を重ねて圧勝した。
 個人賞は次の通り。

 ▽最優秀選手賞 菅原琉己(川崎館山バッファローズ)▽優秀選手賞 石井啓太(同)会田唯斗(永野ホークス)▽敢闘賞 桜井康太朗(岩沼野球スポーツ少年団)村上奨(槻木スピリッツ)


2016年08月08日月曜日


先頭に戻る