秋田のニュース

<男鹿水族館>魚と一緒に夢の世界へ

大水槽の前で一夜を明かす参加者

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市)で6、7の両日、親子連れなどが館内に宿泊するイベントがあり、事前に応募した計28組72人が夜の水族館を楽しんだ。
 催しは6日の通常営業後にスタート。40種約2000匹が泳ぎ、日本海を再現した「男鹿の海大水槽」では、岩陰に潜んだり岩に擬態したりして休む魚を観察した。
 参加者は持参したキャンプ用テントや寝袋を水槽前などに広げ、眠りに就いた。親子で訪れた由利本荘市尾崎小3年長谷川真己さん(9)は「日中はおとなしい魚が活発に動く様子やペンギンの寝姿が印象に残った」と話した。


関連ページ: 秋田 社会

2016年08月08日月曜日


先頭に戻る