宮城のニュース

食べて!岩沼とんちゃん丼 高校生と共同開発

「岩沼とんちゃん丼」を手にする名取高生

 ローソンは9日、名取高(宮城県岩沼市)の家庭クラブの生徒約70人と共同開発した「岩沼とんちゃん丼」を東北6県の全約1000店舗で発売する。「とんちゃん」は岩沼市のご当地グルメの豚ホルモン。税込み498円で、22日までの期間限定商品になる。
 夏場でも食が進むよう、甘酢で仕立てた酢豚風のホルモン炒めと、トウバンジャンで辛みを出したモツ煮を白米の上に盛り合わせた。地元産のコマツナを使ったナムルを添えた。
 ローソンが宮城県に高校との共同開発を打診し、連絡を受けた岩沼市が名取高を薦めたという。
 同市役所で8日開かれた試食会で、菊地啓夫市長は「モツ特有の癖がなく、おいしい」と評価。家庭クラブ副会長の柿沼花恋(かれん)さん(16)は「岩沼のソウルフード、とんちゃんを世の中に広めたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年08月09日火曜日


先頭に戻る