宮城のニュース

<リオ五輪>福原快勝8強「落ち着いている」

女子シングルス4回戦 北朝鮮選手と対戦する福原愛

 リオデジャネイロ五輪第4日の8日、卓球男女シングルスが行われ、女子4回戦で第6シードの福原愛(ANA、仙台市出身)はリ・ミョンスン(北朝鮮)に4−0で快勝し、2大会連続で準々決勝に進んだ。

 女子シングルス4回戦で、福原は先手を取って迎えた第2ゲームの10−10に、勝利を一気にたぐり寄せる粘りを見せた。激しい打ち合いの末にポイントを奪い「たった一球かもしれないが、試合の流れをがらりと変えた」と振り返った勝負どころ。ゲームをまたいで連続11ポイント。2大会連続の8強入りをあっさりと決めた。
 「第7ゲームまで準備していた」。カットマンタイプに苦戦する覚悟を持って臨んだが、そんな心配は無用だった。打ち合いでの粘り、揺さぶられても打ち返せるフットワーク。いつの間にか会場に陣取る地元の観客を味方につけ、「ジャポン、ジャポン」の大合唱が鳴り響いた。
 「練習しているものが出せている。落ち着いてプレーできている」。言葉の一つに一つに自信がにじむ。次を勝てば初の準決勝。「自分らしく戦えればいい」と気負いはない。(リオデジャネイロ・剣持雄治)


2016年08月09日火曜日


先頭に戻る