宮城のニュース

山口組抗争か 暴力行為容疑で男3人逮捕

 指定暴力団山口組系組員の無職男性(38)=仙台市青葉区=に暴行を加えたとして、宮城県警暴力団対策課などは9日、暴力行為法違反の疑いで、仙台市宮城野区幸町2丁目、指定暴力団神戸山口組系組員の無職片倉栄司(44)、住所不定、無職木下尚(28)、宮城野区幸町3丁目、自営業大森一成(44)の3容疑者を逮捕した。県警は指定暴力団の組員同士による抗争事件とみて調べている。
 3人の逮捕容疑は9日午前1時25分ごろから同50分ごろにかけて、片倉容疑者の自宅敷地内で、山口組系の男性に殴るなどの暴行を加えた疑い。
 県警によると、男性が片倉容疑者らを待ち伏せして金属バットなどで危害を加えたことに対し、逆襲したとみられる。片倉容疑者らは「やられたら反撃するのが当たり前」などと、いずれも容疑を一部認めている。
 片倉容疑者は昨年11月、青葉区一番町4丁目の定禅寺通で、山口組系組員の男性を暴行したとして逮捕された。県警は男性が報復したとみており、けがの回復を待って立件する方針。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月10日水曜日


先頭に戻る