宮城のニュース

<楽天>西宮が3勝目

 東北楽天が競り勝ち、3連勝。2−2の八回、2死二塁から藤田一也が右中間を破る適時三塁打で1点を勝ち越した。2−1の七回、同点とされた直後の1死二、三塁で救援した3番手西宮悠介が窮地を切り抜け、前戦に続き3勝目を挙げた。
 ロッテは八、九回に救援陣が計2失点と踏ん張れなかった。

 ロッテ−東北楽天17回戦(ロッテ10勝7敗、18時15分、QVCマリンフィールド、19,010人)
東北楽天000002011=4
ロッテ 100000100=2
(勝)西宮26試合3勝
(S)松井裕43試合1勝3敗22S
(敗)南43試合2勝3敗

☆イヌワシろっかーるーむ
<塩見貴洋投手(6回1失点と粘投)>
 「最少失点で粘れたのは良かった。先に失点し、五回以外は毎回走者を出し、リズムが悪かった。1週間後、本拠地でのロッテ戦は今回よりもいい投球をしたい」

☆梨田の話ダ
<よく応えてくれた>
 「三振が取れ、力で押し込める投手でないといけない場面。球が高かったきょうの福山や(同じ左腕の)金刃でも難しい。よく起用に応えてくれた」(七回に好救援した西宮に)


2016年08月10日水曜日


先頭に戻る