宮城のニュース

<楽天>ウィーラーと島内が好守

8回ロッテ1死、井口の飛球に、楽天の中堅手島内が飛びつき好捕

 東北楽天の外野陣が好守を連発した。梨田昌孝監督は「飛び込みが始まったから、水泳の大会かと思った。金メダル以上じゃないですか」と冗談交じりに高く評価した。
 2−1の六回1死一塁、まずはウィーラー。井口資仁の放った左翼左へのライナーに体重100キロの巨体を投げ出し好捕した。3−2の八回には、島内宏明が左中間へ落ちそうな飛球に快足を飛ばし、地面すれすれでグラブに収めた。
 いずれも抜けていれば失点につながりかねない場面。米村理外野守備走塁コーチは「気持ちがこもっていて、チームに勢いが付いた。褒めてあげてよ」とこちらも満足そうだった。


2016年08月10日水曜日


先頭に戻る