宮城のニュース

韓国人訪日客向けサイト「東北路」開設へ

 外国人旅行者向け観光商品を開発するVISIT東北(仙台市)は11月、韓国人向けに東北の旅行商品を販売する予約サイト「TOHOKURO(東北路)」を開設する。掲載を希望する観光事業者向けセミナーの参加者を募集している。
 サイトでは東北6県のモデルコースを提案し、宿泊施設や飲食店、交通機関を紹介する。データセンターなどを運用するキューデンインフォコム(福岡市)と提携して運営。同社が2004年に開設したサイト「九州路」の東北版となる。
 復興庁の外国人旅行者誘客支援事業の一環。VISIT東北の斉藤良太社長は「原発事故の風評もあり、韓国の観光者数は東日本大震災前に戻っていない。風評を払拭(ふっしょく)し、旅行者増につなげたい」と話す。
 掲載を希望する東北の観光事業者や自治体などを対象に9月12〜14日、事業の説明と外国人旅行者受け入れのセミナーを郡山、仙台、弘前各市で開く。
 同庁主催。東北路特設ホームページやファクスで申し込む。連絡先はVISIT東北022(211)6221。


関連ページ: 宮城 経済

2016年08月11日木曜日


先頭に戻る