広域のニュース

<ポケGO>被災3県と熊本 観光復興策に

右から達増知事、村井知事らがゲームを活用した観光復興策を発表した=10日、東京の都道府県会館

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県と熊本地震被災地の熊本県は10日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を活用し観光復興に取り組むと発表した。各県で関連イベントを開いたり、愛好者向けの周遊マップを作ったりして誘客を図る。今秋にも取り組みを本格化させる。
 ポケモンGOは、スマホの位置情報機能を使って外を歩きながらキャラクターを捕まえ、戦わせる。4県はゲーム運営会社ナイアンティックの協力を得て、各県内にアイテム入手地点「ポケストップ」や、キャラクター同士を対戦させる地点「ジム」を追加し、愛好者の周遊を促す。
 各県は土産を買ってもらうクーポン券発行なども企画し、ゲームの人気を観光客増につなげたい考え。
 各県知事らは同日、東京都内で記者会見した。村井嘉浩宮城県知事は「被災地を歩き、現実を知ってもらうきっかけにもなる」と期待感を示した。達増拓也岩手県知事は「国内外の多くの人に訪れてもらえるよう頑張りたい」と話した。
 福島県の伊藤泰夫企画調整部長は「デジタルコンテンツをきっかけに、福島の観光を活性化させたい」と語った。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月11日木曜日


先頭に戻る