宮城のニュース

ザリガニゲットだぜ! 児童ら川遊び体験

捕まえたザリガニを誇らしげに見せる小学生

 宮城県名取市を流れる増田川で11日、子どもたちに川遊びを楽しんでもらおうという催しが開かれ、同市の小学生や幼児27人が網を使って生き物を捕獲する「ガサガサ」や、ささ舟流しなどを体験した。
 同市増田西公民館と市民団体「キラキラパルク増田西」の主催。子どもたちは普段着姿で川に入り、岸辺近くに網を投入し、キラキラパルクのメンバーらが周辺を棒で突くなどして生き物を網の中に追い込んだ。川に入るのは初めてという子も多く、ザリガニやドジョウ、カワエビなどが捕れると歓声を上げて喜んだ。
 キラキラパルクのメンバーが大きなウナギを捕まえる一幕もあり、会場は大いに盛り上がった。
 増田西小5年庄司涼真君(10)は「初めてザリガニやエビを捕った。大きい生き物を捕まえると楽しい」と笑顔を見せた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月12日金曜日


先頭に戻る