宮城のニュース

<仙山線>列車が男性はねる 4本運休

 13日午前10時20分ごろ、仙台市青葉区宮町5丁目のJR仙山線の東照宮前踏切で、山形発仙台行き上り普通列車が、踏切内にいた青葉区の男性(66)をはねた。男性は病院に搬送され頭や脚などに重傷を負った。仙台北署が原因を調べている。
 JR東日本仙台支社によると、列車は40分後に運転を再開したが、仙山線の上下4本が運休、8本が最大50分遅れ、約3000人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月13日土曜日


先頭に戻る