青森のニュース

性的虐待で障害福祉施設の職員解雇

 青森市は12日、市内にある民間の障害者福祉施設で今年1月、男性職員が入所者の女性にキスをする性的虐待をしたとして解雇されていたことを明らかにした。
 市によると、職員は1月上旬、夜間巡回中に複数回、ベッドで横になっている女性にキスをした。女性から施設に相談があり発覚。職員が行為を認めたため、施設は1月16日付で解雇した。
 市障がい者支援課の土岐志保課長は「再発防止に向け、関係機関への指導を強化したい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年08月13日土曜日


先頭に戻る