宮城のニュース

<楽天>わずか3安打 CS自力進出消滅

8回、2点を許しうつむきながらベンチへ引き揚げる東北楽天先発の則本。右は一塁手銀次=コボスタ宮城

 東北楽天は投手戦に競り負け、自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消えた。先発則本は0−0の八回2死満塁から田中賢に適時打で2点を許した。8回2失点で7敗目。打線は3安打で、得点機を1度しか築けず、無得点に終わった。
 日本ハムは先発高梨がプロ初完投を完封で飾り、7勝目を挙げた。

東北楽天−日本ハム15回戦(日本ハム11勝4敗、18時、楽天Koboスタジアム宮城、25,613人)
日本ハム000000020=2
東北楽天000000000=0
(勝)高梨31試合7勝2敗
(敗)則本21試合10勝7敗

☆イヌワシろっかーるーむ
<嶋基宏捕手(先発則本に)>
 「あれだけ一生懸命投げていたのに本当に申し訳ない。(自力CS消滅は)進出がまだ100パーセント無理なわけではない。一試合ずつ、みんなで力を合わせてやっていくだけ」

<藤田一也内野手(八回、田中賢の打球に横っ飛び。打球をグラブに当てるが、捕球できず適時打を許す)>
 「予想した通りの打球だっただけに、アウトにしたかった」

☆梨田の話ダ
<勝負には勝った>
 「内野安打にはなったが当たりは悪かった。勝負には勝った」(八回2死二塁、則本が大谷に内野安打を許した場面を振り返って)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年08月14日日曜日


先頭に戻る