宮城のニュース

<わらじまつり>村長しのび威勢よく

威勢よく練り歩いたわらじパレード

 宮城県大崎市鹿島台の「わらじまつり」が14日開かれ、大小のわらじを担いで国道346号を練り歩くパレードが行われた。
 パレードには地域住民ら約1100人が参加。長さ7メートルの大わらじ2基、2〜3メートルの子わらじ14基が繰り出し、「ワッショイ、ワッショイ」の掛け声とともに約700メートルを往復した。
 インターネット動画配信サービスで生中継するイベント「ニコニコ町会議」も同時開催。大勢の若者が訪れ、コスプレやステージショーなどを楽しんだ。
 まつりは1976年、「わらじ村長」と親しまれた鎌田三之助をしのんで始まった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月15日月曜日


先頭に戻る