宮城のニュース

<八木山動物公園>ぼくの名前は「陽向」です

「陽向」と触れ合う名付け親の遠藤さん(左)

 仙台市八木山動物公園で6月に誕生した対州馬(たいしゅうば)の雄の子馬の愛称が「陽向(ひなた)」に決まり、同園で14日、命名式があった。
 式では、名付け親で仙台市泉区の主婦遠藤伽南さん(21)が「太陽に向かって元気に育ってほしいという願いを込めた。自分の1歳の長男と同じ名前です」と説明した。
 愛称は7月からの一般公開に合わせて募集し、6〜31日の期間中に2137通の応募があった。父が「あさひ」、母が「和海(なごみ)」と和風の名前に加え、遠藤さんが名前に込めた理由が飼育員らの高評価を得た。
 対州馬は国内に約40頭しかいない希少在来馬。国内の動物園での繁殖は2012年の九十九島動植物園(長崎県佐世保市)に次いで2例目だった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月15日月曜日


先頭に戻る