宮城のニュース

<楽天>1得点がやっと 逆転負け

5回東北楽天1死一、三塁、今江の遊撃ゴロを放ち三走が生還、先制する

 東北楽天は逆転負けで2連敗。1−0と先制し迎えた六回、先発辛島航が大谷翔平に右中間へ2ランを浴びた。辛島は7回2失点と粘投したが4敗目。打線は五回1死一、三塁から今江敏晃の内野ゴロで1得点するのがやっとで、八、九回の同点機にも一打を欠いた。
 日本ハムは先発加藤貴之が六回途中まで1失点で、継投策も決まった。

 東北楽天−日本ハム16回戦(日本ハム12勝4敗、17時1分、楽天Koboスタジアム宮城、26,795人)
日本ハム000002000=2
東北楽天000010000=1
(勝)加藤24試合4勝1敗
(S)マーティン46試合2勝16S
(敗)辛島7試合1勝4敗
(本)大谷17号(2)(辛島)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<松井稼頭央外野手(今季初めて1番で先発出場し2安打。九回は2死一、二塁の好機で空振り三振に倒れる)>
「久々の先発1番でいい緊張感の中でできたが、(最後の)結果は残念。球場の盛り上がりの期待は感じていたけれど…」

☆梨田の話ダ
<痛い一発> 
 「辛島はよく投げてくれたが、1点先制した後だけに痛い一発になった」(辛島が大谷に許した逆転2ランについて)


2016年08月15日月曜日


先頭に戻る