宮城のニュース

<楽天>辛島 大谷弾に泣く

6回日本ハム1死三塁、大谷(左)に逆転2ランを浴び、打球の行方を追う東北楽天先発の辛島

 東北楽天の先発辛島航が大谷翔平(岩手・花巻東高出)の一発に泣いた。味方が1点先取した直後の六回、右中間へ逆転2ランを許した。7回2失点と先発の役割を果たしたものの、「あの一球が悔やまれる。チームに申し訳ない」と肩を落とした。
 1死三塁で3ボール1ストライクからスライダーを仕留められた。「外角のボール球になってもいいと思って投げたが、甘く入ってしまった」。長打を警戒する打者への失投を悔やんだ。
 左肩痛から復帰した7月下旬以降、4度先発し、ある程度の責任は果たしながら勝ち星なし。「自分で勝てるチャンスを消している。打線が得点した後の失点に気を付けたい」と厳しい表情で語った。


2016年08月15日月曜日


先頭に戻る