広域のニュース

<Uターンラッシュ>古里の思い出抱え家路に

新幹線に乗り込み、見送りの家族に手を振る親子=14日午後3時30分ごろ、JR仙台駅

 お盆を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが14日始まり、東北各地で上りの新幹線や高速道路が混雑した。ラッシュは16日まで続く見通し。
 JR仙台駅の新幹線ホームは、大きな荷物や土産物を持った家族連れなどで混み合った。白石市の祖母宅に親子で帰省していた横浜市の小学4年松原小和(さわ)さん(9)は「いとこと花火をしたのが一番楽しかった」と笑顔を見せた。
 JR東日本によると、東北新幹線は午後1時7分盛岡発東京行き「やまびこ48号」の自由席の乗車率が仙台駅で130%に達したのをはじめ、午後から混雑が本格化した。15、16の両日とも上りの東北新幹線の指定席はほぼ満席となっている。
 日本道路交通情報センターによると、東北自動車道の上り線は午後0時5分ごろに福島市の福島トンネル付近で16キロ、午後1時25分ごろに大崎市の古川インターチェンジ(IC)付近で17キロの渋滞が発生した。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月15日月曜日


先頭に戻る