宮城のニュース

<成人式>宮城・色麻65人 地域支える柱に

再会を喜び、記念撮影する新成人

 宮城県色麻町は15日、同町農村環境改善センターで夏の成人式を開いた。
 ドレスやスーツで着飾った新成人65人が出席。早坂利悦町長は「夢と希望を持ち、大海にこぎ出す気持ちでさまざまなことに挑戦し、町の将来を担う力になってほしい」と式辞を述べた。
 新成人を代表して会社員石川将太さん(20)と、専門学校生山下栞那(かんな)さん(19)が「色麻に生まれたことを誇りに、地域を支える柱となれるよう力を尽くす」と誓った。
 色麻町の本年度の新成人は77人(男性34人、女性43人)。同町は1969年度から成人式を夏に開催している。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月16日火曜日


先頭に戻る