宮城のニュース

<リオ五輪>卓球女子惜敗 3位決定戦へ

ドイツに敗れて決勝進出を逃した(左から)石川、福原、伊藤

 リオデジャネイロ五輪第10日、卓球団体が行われ、2012年ロンドン五輪銀メダルの日本女子は準決勝でドイツに2−3で敗れ、3位決定戦に回った。シンガポールと16日に銅メダルを懸けて対戦する。日本男子は準々決勝で香港を3−1で下し、準決勝でドイツと対戦。
 日本女子は石川佳純(全農)がシングルスの第2、第4試合に勝ったが、2−2で迎えた最終試合のシングルスで福原愛(ANA、仙台市出身)が屈した。
 日本男子は0−1からシングルスの水谷隼(ビーコン・ラボ、青森山田高−明大出)、ダブルスの丹羽孝希(明大、青森山田高出)吉村真晴(名古屋ダイハツ)組、シングルスの吉村が3連勝した。


2016年08月16日火曜日


先頭に戻る