福島のニュース

セクハラで停職 元校長取り消し求め提訴

 勤務先の福島県いわき地区の小学校で女性教職員らにセクハラをしたとして停職3カ月の懲戒処分を受けた元校長の50代男性が15日までに、県に処分取り消しを求める訴えを福島地裁に起こした。
 訴状などによると、元校長は2014年4〜9月、教職員ら4人に、性的な発言をしたり不快感を与える電子メールを送ったりしたとして同10月に懲戒処分を受けて退職。元校長側は「セクハラはしておらず、県教委は具体的な行為を特定しないままセクハラに該当すると判断したのは違法で、退職も迫られた」などと主張している。
 県教委は「現在対応を検討している」と説明した。


関連ページ: 福島 社会

2016年08月16日火曜日


先頭に戻る