宮城のニュース

算数・数学学力向上へ一手 教師向けに事例集

 宮城県教委は算数・数学の学力向上を図るため、「意欲を高める学習課題」「学び合う場をつくる」など5項目の授業例を示した教師向けリーフレット「算数・数学ステップ・アップ5事例集」を作成した。
 県内の公立小中学校から応募があった51授業例のうち12を掲載。児童が2人1組で教え合うペア学習や情報通信技術(ICT)を活用した指導などを紹介している。県教委のホームページでは教師の指導風景や児童生徒の様子を確認できる動画も配信する。
 2007年に始まった全国学力テストで算数・数学が全国平均を毎回下回っていることから、学力向上策の一環として作成した。仙台市を含む県内の全小中学校計590校の教員に配布する。県教委義務教育課の担当者は「実践例は他の教科でも活用できる。アイデアを共有し、授業をより充実させてほしい」と話す。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月17日水曜日


先頭に戻る