宮城のニュース

<楽天>降雨でノーゲーム

1回表のロッテ攻撃中、降雨のため一時中断となりベンチへ引き揚げる東北楽天先発の塩見

 16日の東北楽天−ロッテ20回戦(コボスタ宮城)は、台風7号の接近に伴う降雨のため一回表途中でノーゲームとなった。振り替え試合は未定。
 東北楽天の先発塩見貴洋投手は一回、先頭打者から2連打を浴びた。1死後、デスパイネ外野手に3球目を投じた後、開始6分で中断、約30分後に中止となった。
 7球を投げた塩見は「不運な当たりはあったが、調子は良かった」と17日のスライド登板に向けて気持ちを切り替えた。梨田昌孝監督は「もう少し早く降ってくれれば。想定外のすごい雨だった」と語った。
 ロッテの平沢大河内野手(仙台育英高出)は9番遊撃で先発したが、攻守とも出番はなかった。


2016年08月17日水曜日


先頭に戻る