宮城のニュース

<甲子園>聖光学院2年ぶり8強

東邦−聖光学院 準々決勝進出を決め、アルプススタンドに向かって駆け出す聖光学院ナイン

 全国高校野球第11日は17日、甲子園球場で3回戦が行われ、第1試合は聖光学院(福島)が5−2で東邦(愛知)を下し、2年ぶりのベスト8進出を果たした。聖光学院は春夏通算20勝目。
 1−1の五回、聖光学院は小泉の犠飛で勝ち越すと、六回には4長短打を集めて2点を追加。今大会初登板の鈴木駿が7安打されながらも要所を抑えて完投した。
 第2試合は作新学院(栃木)が花咲徳栄(埼玉)を6−2で下した。

 ▽3回戦
聖光学院(福島)100012100=5
東邦(愛知)  010000010=2
(聖)鈴木駿−門井
(邦)藤嶋、松山−高木


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年08月17日水曜日


先頭に戻る