福島のニュース

<準備宿泊>富岡町9月17日開始 政府と町合意

準備宿泊の日程について報道陣に説明する政府の原子力災害現地対策本部の後藤収副本部長=16日、郡山市

 政府の原子力災害現地対策本部は16日、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている福島県富岡町の一部で、帰還に向けた長期滞在が可能となる「準備宿泊」を、9月17日から避難指示解除まで実施すると発表した。
 対象は、避難指示解除準備区域と居住制限区域の計3860世帯9679人(7月12日現在)。後藤収副本部長と宮本皓一町長が郡山市内で協議して合意した。後藤氏は報道陣に「解除に向けた課題を整理、解決したい」と語った。宮本町長は「復興の第一歩。住宅修繕など帰還に向けた準備が前に進む」と述べた。
 宿泊開始に当たり、食料品の移動販売や郵便物の集配機能が整う見通し。町は宿泊施設の活用を計画し、自宅再建を進める住民や帰還困難区域の被災者も町内に泊まれるようにする。
 町は来年4月の帰還開始を目標にする。政府は今月21日に準備宿泊を始める考えだったが、宮本町長は生活関連サービスが整う9月の彼岸ごろが適当との意向を示していた。


2016年08月17日水曜日


先頭に戻る