広域のニュース

<台風7号>在来線や新幹線運転見合わせへ

 JR東日本仙台支社は16日、台風7号の影響で17日の始発から午後3時ごろまで、東北線の一部と仙石、仙山、石巻、気仙沼各線の全線など宮城、山形、福島各県の多くの在来線で運転を見合わせると発表した。山形新幹線は福島−新庄間で正午ごろまで運休する。
 東北線は福島−岩沼間と仙台−一ノ関間が午後3時ごろまで、黒磯−福島間は正午ごろまで運休。岩沼−仙台間は本数を減らして運転する。
 仙台空港アクセス線は通常通り運行する。常磐線は相馬−亘理間の代行バスを含めて午後3時ごろまで運転を見合わせる。
 阿武隈急行は始発から午後3時ごろまで全線を運休する。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月17日水曜日


先頭に戻る