宮城のニュース

浸水履歴マップ 仙台市HP9月から公開

 仙台市は9月から、過去に床上・床下浸水や道路冠水の被害が発生した場所を示す「浸水履歴マップ」を市ホームページで公開する方針を決めた。
 市内全域を100メートル四方の升目に区切り、2001〜15年度に発生した浸水被害を表示する。1件でも被害があった箇所を色塗りで示す。
 色分けは床上浸水が赤、床下浸水は青、道路冠水のみは黄。発生当時の市民からの通報や職員の見回りで得た情報を基に作図した。
 市下水道事業部は「市の対策だけで浸水をゼロにするのは不可能。自主的な被害軽減に活用してほしい」と話す。市は13年度からシミュレーションを用いた「浸水想定区域図(内水ハザードマップ)」を公開している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年08月18日木曜日


先頭に戻る