青森のニュース

強盗?えっ駐在さん!夫婦が諭す…未遂容疑再逮捕

 青森県警八戸署は17日、住宅に侵入し、住民を刃物で脅して現金を奪おうとしたとして、八戸署地域課の巡査長石橋良太容疑者(25)=八戸市江陽2丁目=を、強盗未遂と住居侵入の疑いで再逮捕した。
 逮捕容疑は7月17日午前4時ごろ、自身が勤務する駐在所の巡回などで面識のある同市城下3丁目の漁業男性(66)方に侵入し、包丁を向けて脅迫し、現金を奪おうとした疑い。
 県警によると、石橋容疑者は男性方1階の窓ガラスを壊して侵入、物音に気付いた男性と遭遇し包丁を向けた。普段着姿で帽子とサングラスを着けていたが、男性の妻に本人と気付かれて犯行を断念した。捜査関係者によると、「殺すぞ」などと脅していた。
 「死ぬしかない」と自殺をほのめかす容疑者に、夫婦は「若いのに死ぬ必要はない」と1時間にわたって諭し、そのまま帰した。被害届は出していなかった。
 容疑者は「オンラインカジノで数百万円の借金があった。けがを負わせるつもりはなかった」と供述しているという。凶器の包丁は八戸署の給湯室から持ち出したとみられる。
 石橋容疑者は、薬物捜査のためと偽って7月25日、女性の軽乗用車のドアを開けさせようとしたなどとして、公務員職権乱用の疑いで翌日逮捕され、8月16日起訴された。
 県警の細田均警務部長は「厳正に対処するとともに、職務倫理教養などの徹底を図ることにより、県民の信頼回復に全力を尽くす」と陳謝した。


関連ページ: 青森 社会

2016年08月18日木曜日


先頭に戻る