青森のニュース

<ローソン>青森4店でレンタル自転車

貸し出される電動アシスト付き自転車

 青森県内を訪れる国内外の観光客に利用してもらおうと、ローソンは23日に青森、弘前両市の計4店で電動アシスト付き自転車の有料貸し出しサービスを始める。仙台市などで同様の貸出事業を運営するNTTドコモとの連携事業で、全国のローソン店舗では初の試み。
 青森市中心部の3店と弘前市の弘前公園前の1店に、5台ずつ用意する。24時間いつでも利用できる。利用者はインターネットで予約する仕組み。
 料金は1日1080円、3時間利用は540円。クレジットカードか、ドコモの携帯端末の決済サービスのいずれかで支払う。冬季(11月1日〜3月31日)は休止する。
 ローソンは急増する訪日外国人観光客の利用も見据え、全国の店舗での事業展開を検討する。青森、弘前両市ともに市街地がコンパクトで自転車で走りやすいことが、先行実施の決め手となった。
 同社広報室は「今後は全国を網羅する強みを生かし、新たな観光インフラを目指す」と説明する。東北の観光振興を目指す復興庁の「新しい東北」モデル事業にも選ばれ、事業費助成を受ける。
 連携するNTTドコモと子会社のドコモ・バイクシェア(東京)は、仙台市の有料貸自転車事業「DATE BIKE(ダテバイク)」を受託。仙台で培った事業ノウハウを今回の事業にも生かす。
 ドコモの担当者は「地元住民が対象の仙台とは異なり、旅行者がターゲット。手軽な移動手段を提供することで、地域の観光活性化に貢献したい」と話している。


関連ページ: 青森 経済

2016年08月18日木曜日


先頭に戻る