広域のニュース

<台風7号>福島・茂庭 1時間55.5mm

冠水した道路を行き交うバイクと車=17日午前9時5分ごろ、仙台市太白区根岸町の国道286号

 台風7号は17日、東北の沿岸部沿いを北上し、関東から北海道にかけて各地で非常に激しい雨が降った。
 仙台管区気象台によると、福島市茂庭で17日朝に55.5ミリの1時間雨量を記録し、地点の観測史上最多を更新した。
 降り始めからの総雨量は、福島市鷲倉224.5ミリ、青森県野辺地182.5ミリ、岩手県大槌172.0ミリ、仙台市泉ケ岳146.5ミリ、鹿角市湯瀬と山形県最上町瀬見126.5ミリなど。
 最大瞬間風速は石巻で24.5メートル、岩手県紫波で23.8メートル、遠野で23.0メートルを観測した。
 台風が過ぎ去った17日午後の宮城県内は、台風一過の青空が広がり、気温も上昇。丸森33.5度、仙台33.0度、塩釜32.9度など13地点で最高気温が30度以上の真夏日になった。
 台風7号は17日夕、北海道に上陸。同日午後9時ごろ、温帯低気圧に変わった。
 管区気象台によると、18日の東北は気圧の谷の影響で曇りや雨の見込み。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月18日木曜日


先頭に戻る