青森のニュース

<リオ五輪>伊調金 亡き母との約束果たす

トシさんの遺影を手に伊調の表彰式を見守る父春行さん(右)と姉千春さん

 レスリング女子58キロ級で史上初の4連覇を果たした伊調は2014年11月、65歳だった母トシさんを亡くした。競技を続けることをずっと望んでいた亡き母にささげた金メダル。「最後はやっぱりお母さんが助けてくれた」。表彰台に立った第一人者は最愛の理解者に万感の思いを伝えた。
 アテネ、北京の銀メダリスト姉千春さん(34)と共に現地で観戦した父春行さん(65)の懐には、母の遺影があった。
 「試合なんだから負けるな、死んでも勝て」。強気な母のDNAを娘はしっかりと受け継いだ。
 「母は根拠のないプレッシャーをかけてくる。自分はそれが嫌ではない。んじゃ勝つよ、みたいな」
 今も時々、母に話し掛けたり、質問したり。そうすることで「これまで以上に近くにいると感じる」。
 マットに立つ前、母にそっと語り掛けた。「偉大なことをしようとしているんだよ、あなたの娘は」
 約束を守った女王は「四つ目の金メダル、喜んでくれるかな」と深いえくぼを見せた。母の遺影は笑っているようだった。(リオデジャネイロ・剣持雄治)


2016年08月19日金曜日


先頭に戻る