青森のニュース

<田名部祭り>晩夏の街 山車壮麗

田名部神社の前に集まった豪華な山車

 青森県下北半島最大の夏祭り「田名部祭り」が18日、むつ市で始まった。20日までの3日間、「ヤマ」と呼ばれる壮麗な山車5台が市街地を練り歩き、下北の短い夏を締めくくる。
 初日は午前中に山車が各町内会を巡行し、午後1時すぎに市中心部の田名部神社に次々と集結。「ヤデコラセーノ」の掛け声とともに山車が引き回されると、沿道から大きな歓声が上がった。
 祭りは田名部神社の例大祭で、400年近い歴史を誇る。旧田名部町を構成した五つの町が、それぞれ山車を出す。北前船の寄港地だった田名部地区の山車は、上方文化の影響を受け豪華な装飾が施されている。
 最終日の20日は山車の合同運行がある。祭りは同日深夜、5台の山車が来年の再会を誓い合う「五車別れ」で最高潮を迎え、幕を閉じる。


関連ページ: 青森 社会

2016年08月19日金曜日


先頭に戻る