宮城のニュース

<女子高生刺傷>容疑者を鑑定留置へ

 JR仙台駅で女子高校生が千枚通しで刺されて軽傷を負った事件で、仙台簡裁は19日までに、傷害容疑で送検された本籍三重県、無職の男(27)の鑑定留置を決めた。仙台地検が責任能力を確認するため請求していた。期間は11月28日まで。
 仙台中央署によると、男は「若い女性を傷つけたかった」「凶器は100円ショップで買った」などと語る一方、動機などの供述が二転三転しているという。
 男は4日午前7時20分ごろ、仙台駅の在来線ホームで、宮城県立高3年の女子生徒(18)=仙台市宮城野区=の背中を千枚通しで刺し、軽いけがをさせたとして同署に逮捕された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月20日土曜日


先頭に戻る