宮城のニュース

<リオ五輪>タカマツ 伊調さんの姿励みに

金メダルを持ち、記念撮影をする高橋(左)と松友の両選手=リオデジャネイロのジャパンハウス

 バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した高橋礼華(あやか)(26)、松友美佐紀(24)両選手=日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出=が19日朝(日本時間19日夜)、リオデジャネイロのジャパンハウスで記者会見し、松友は「勝ち続けられるとは思っていなかった。諦めなくて良かった」と笑顔で振り返った。
 大逆転でつかんだ頂点に、高橋は「つらい練習を乗り越えて来たのでここで終われなかった。ジュニアの子たちに最後まで諦めない姿勢を見せられた」と納得顔。松友は「頑張ってきた思いがあったから最高のプレーができた」と語った。
 会場では聖ウルスラ学院英智高の田所光男バドミントン部総監督が観戦。鉢巻きを巻いて声援を送る恩師の姿を同期から知らされた高橋は「そんなことをするような先生じゃないのに。先生が2人を組ませなかったら、今(メダリストとして)ここにはいない」と感謝の思いを口にした。(リオデジャネイロ・剣持雄治)

 高橋、松友両選手の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 ―決勝戦から一夜明けた。
 高橋「昨日は(最終ゲームの)19―19から覚えていない。どうやって勝ったんだろう。表彰台に上がっても実感が湧かなかった。試合が終わって携帯電話を見たら、祝福のメッセージがたくさん入っていて、本当に金メダル取ったんだなとようやく実感した。うれしい」
 松友「一番高いところを目標にはしていたが、最後まで勝ち続けられるとは思っていなかった。諦めないで頑張って良かった」

 ―高校の田所光男総監督が応援に来ていた。声援は聞こえたか。
 高橋「試合中は聞こえなかった。鉢巻きをして応援する先生の写真を同期の子からもらった。そんなことをする先生じゃないのに。私たちのためにうれしい。先生が自分たちを組ませていなかったら、今ここにいない」
 松友「感謝の気持ちでいっぱい。五輪(出場枠の)レース始まる前から、五輪ツアーの予約をしていたと思う。ブラジルまで来て、最後まで試合を見届けてくれてうれしかった」

 ―自分のご褒美と食べたいものは。
 高橋「自分へのご褒美はしっかり休みたい。帰ったら、『三代目J Soul Brothers』のライブを見に行く。マグロのすしを食べたい」
 松友「自分に休みをあげていいかなと思う。おいしい肉が食べたい」

 ―決勝で逆転できた要因は。
 高橋「つらい練習、乗り越えてきた。ここでは終われない気持ち出てきた。前日にレスリング女子58キロ級の伊調馨さん(ALSOK、八戸市出身)が逆転したのを見て、私も逆転できると思っていた」
 松友「あの場面の緊張やぞくぞく感は試合本番でないと味わえない。それは練習ではできないこと。最高のプレーできたのは4年間、いろんな経験をして、頑張ってきた思いがあったから」

 ―重圧とどう向き合った。
 高橋「世界ランクで初めて1位になった時、自分たちにプレッシャーをかけていた。金メダルを取らなきゃいけない、負けたらやばいという気持ちになった。世界選手権で自分たちのプレーを出せなかった。五輪では自分たちのプレーを出すことだけを意識した。五輪の時はプレッシャーがなく、2カ月前くらいのほうが緊張していた」
 松友「ロンドン五輪後の大会から、少しずつ勝てるようになった。女子ダブルスは世界全体のレベル上がり、混戦だ。リオで最後という選手もいた。決勝で戦ったペアや、中国、韓国、インドネシアのペアと戦えるのが楽しかった。世界各国の選手がいてくれたからいまの自分がある。五輪で最後という選手もいた。試合で自分たちの力をぶつけて恩返ししたいと思った。優勝できて良かった」

 ―お互いへのメッセージを。
 高橋「ここまでこられると思わなかった。私が先に高校を卒業し、その後も松友と組むとは思わなかった。自分も成長できた。ダブルスの面白さを知った。つらいことやいいこと、この間、一緒に乗り越えてきた。感謝の気持ちです」
 松友「世界大会に出始めたころ、1回戦負けばかりだった。昨日の決勝の相手とも、どうやって勝てるんだろうと思うくらい、ぼこぼこにされた。いつか、あの人たちに勝ちたいという気持ちを、2人で諦めずに持っていた。ここにいるのが夢みたい。先輩と組んでいないと、この舞台に立ってない。感謝の気持ちでいっぱい」

 ―今年、男子選手を発端とした賭博問題がバドミントン界にはあった。2人の活躍がいいニュースになった。
 高橋「ジュニアの子たちに、最後まで諦めない姿勢を少なからず見せられた。男子のことでいろいろあったが、自分たちが結果を出すことで、バドミントン界にいいニュース届けられたならよかった」
 松友「どんなことがあっても、どんな時でも、2人は世界で勝ちたいという目標がぶれなかった。これからも、うまくなりたいという目標を持ってやっていくと思う。子どもたちには、純粋にバドミントンを好きで、強くなりたいという思い持ってやってほしい。バドミントン界はいろいろあったが、一生懸命やったことにはご褒美がかえってくる」


2016年08月20日土曜日


先頭に戻る