宮城のニュース

<楽天>読み的中ウィーラー特大先制弾 

7回楽天1死、ウィーラーが左越えに先制本塁打を放つ

 これぞ4番の仕事だ。東北楽天のウィーラーが七回、今季22イニング連続で無得点に封じ込まれた金子から先制アーチを放った。約140メートルも飛んだ超特大弾は、東北楽天ファンが陣取る左翼席に突き刺さり、ベンチとスタンドを歓喜させた。
 七回1死走者なし、真ん中低めへのカーブを狙い澄まして強打。「狙った通りに球が来た」と読みも的中した。「安楽は(今季2戦で)金子と投げ合って好投していた。なのになかなか援護できなかった。遅くなったけれど先制点をプレゼントできて良かったよ」。金子との投手戦を演じた安楽を援護した仕事を振り返り、陽気な表情を見せた。
 九回には先頭で三塁打を放ってその後の2得点を呼び込んだ。前日の試合は体調不良で欠場したが再び元気な姿を見せ、「勝てたことに一番意味がある」と汗をぬぐった。(金野正之)


2016年08月20日土曜日


先頭に戻る