宮城のニュース

<山口組抗争>宮城県警が総本部家宅捜索

山口組総本部の家宅捜索に入る宮城県警の捜査員(宮城県警提供)

 仙台市宮城野区幸町であった指定暴力団山口組(神戸市)と神戸山口組(兵庫県淡路市)の系列組員による対立抗争事件の関係先として、宮城県警は20日までに、両組織の本部事務所など計5カ所を家宅捜索した。
 神戸市灘区の山口組総本部事務所には20日午前9時ごろから約1時間、県警の捜査員約50人が捜索。押収品はなかった。
 県警は今回、神戸山口組の中核組織山健組系組員、無職片倉栄司容疑者(44)=宮城野区、暴力行為法違反の疑いで逮捕=ら2人を殺害しようとしたとして、山口組系組員の無職八島純平容疑者(38)=青葉区=が逮捕された事件に絡み、殺人未遂容疑で捜索した。
 18、19の両日には、八島容疑者に反撃して暴行を加えたとして、片倉容疑者ら3人が逮捕された事件に絡み、神戸山口組本部事務所や神戸山口組系3次団体の事務所など4カ所を捜索。3次団体の事務所から書類など2点を押収した。
 八島容疑者は昨年11月、片倉容疑者から仙台市内で暴行を受けており、県警は報復を図ったとみている。
 暴行事件を発端に同年11月9日夜には、青葉区国分町の周辺で山口組と山健組双方の系列組員40〜50人が全国から集まり、にらみ合いになった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月21日日曜日


先頭に戻る