宮城のニュース

大震災と熊本地震 被災者支援へ募金呼び掛け

募金への協力を呼び掛ける生徒たち

 東日本大震災と熊本地震の被災者を支援しようと、聖ドミニコ学院中高(仙台市青葉区)のボランティア部が20日、仙台市中心部の2カ所で街頭募金を行った。
 青葉区の仙台三越前では部員8人が募金箱を持ち、「募金のご協力をお願いします」と通行人に呼び掛けた。同部は震災直後の2011年5月から、募金活動を毎月続けている。部長の高校3年佐藤智晴さん(18)=青葉区=は「自分たちが活動を継続することで、被災者の助けになればうれしい」と話した。
 集めた募金は震災の遺児と熊本地震の被災者を支援するため、県などに寄付する。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月21日日曜日


先頭に戻る