宮城のニュース

小学生108人 5市町徒歩の旅

100キロを歩き、ゴールした子どもたち

 「みなとのまち100km徒歩の旅」が7〜11日、塩釜、多賀城、利府、七ケ浜、松島の各市町を巡るコースで開催され、地元の小学4〜6年生108人が参加した。
 子どもたちは社会人や大学生のサポートを受け、小学校の体育館に宿泊して団体生活を体験。最終日の11日は塩釜神社の表坂202段を登り、保護者らが迎える中、100キロの旅程を笑顔でゴールした。
 NPO法人みやぎみなとまちづくり市民会議(多賀城市)の主催で、11回目。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月22日月曜日


先頭に戻る