宮城のニュース

<ベガルタ>蜂須賀骨折、全治3ヵ月

 J1仙台は21日、DF蜂須賀孝治が17日に仙台市内の病院で、疲労骨折した左くるぶし付近の手術を受けたと発表した。全治約3カ月の見込み。
 蜂須賀は7月2日の第2ステージ第1節川崎戦後に違和感を訴え、別メニュー調整を続けた。最近になって疲労骨折が判明し、手術に踏み切ったという。
 今季はリーグ戦9試合、ヤマザキナビスコ・カップ(現YBCルヴァン・カップ)5試合に出場した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年08月22日月曜日


先頭に戻る