宮城のニュース

<全国中学野球>秀光中教校 決勝逃す

上一色―秀光中教校 1回裏上一色2死二、三塁、寺田に左越えの2点二塁打を浴び、本塁カバーに入る秀光中教校の宮本(中央)。左は捕手伊藤。右は生還する二走坂口

 第3日の21日、新潟市のハードオフエコスタジアム新潟など2会場で準々決勝と準決勝があり、東北勢は第1代表の秀光中教校(宮城)が3年連続決勝進出を懸けた準決勝で敗れた。第3代表の下長(青森)は準々決勝で敗退。これで東北勢3校は全て姿を消した。
 最終日の22日は、午前9時から同球場で、上一色(東京)−宇ノ気(石川)の決勝が行われる。

 ▽準決勝(ハードオフエコスタジアム新潟)

秀光中教校(宮城)
   0000000=0
   200000×=2
上一色(東京)

◎打線援護できず

 【評】秀光中教校は無得点で惜敗した。先発宮本が一回2死二、三塁から左越え二塁打で2点を先取された後は立ち直り、二〜四回のピンチをしのいだ。しかし、打線が援護できず、六回は3安打を放ちながら走塁ミスが続き、好機を生かせずに終わった。

◎初回の2失点最後まで重く
 堅守で勝ち上がった秀光中教校にとっては、一回の2点が重かった。2年生の先発宮本は「3年生に申し訳ない」と目を潤ませた。
 立ち上がりから際どいコースを突いたが、ボール球を見極められた。2四球などで2死二、三塁。須江監督の指示は「一塁が空いているから、ボール球で攻めろ」。しかし、宮本は右打者の外角を狙ってやや中に入ったスライダーを捉えられ、2失点。「(投球は)それほど甘くなかったが、相手が上だった」と悔しさを押し殺すように語った。
 チームはこれまで上一色と5回ほど練習試合を重ね、わずか1勝。「全く歯が立たなかった相手に、これだけ(小差の)試合ができた。選手たちは成長した」と須江監督。大会初の3年連続決勝進出はかなわなかったが、「3年間で優勝から3位まで経験できたのは幸せだと思ってほしい」と、ナインをたたえた。(佐藤夏樹)


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年08月22日月曜日


先頭に戻る