福島のニュース

<フラ甲子園>美の頂点へ 平商が最優秀賞

最優秀賞に輝いた平商業高のフラ

 高校生のダンスの全国競技大会「第6回フラガールズ甲子園」(実行委員会主催)が21日、福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオスで開かれ、全国各地から過去最多の25校、計250人が出場した。
 課題4曲の中から1曲を踊るフラの部、創作ダンスを披露するタヒチアンの部が設けられ、両部の総合得点を競った。カラフルな衣装で優雅にフラを舞い、情熱的にタヒチアンを踊る高校生に、会場からは大きな声援と拍手が送られた。
 平商業高(いわき市)が最優秀賞の文部科学大臣賞を初めて獲得。2〜4位もあさか開成高(福島県郡山市)、いわき総合高(いわき市)、湯本高(同)の福島県勢が占めた。入賞校は22日、「フラガール」が踊るスパリゾートハワイアンズ(同)のステージに立つ。
 東北からは福島県の8校、宮城県支援学校小牛田高等学園、石巻北高飯野川校、秋田県仁賀保高が出場した。初出場した飯野川校の3年高橋春奈さん(18)は「緊張したけれど、全国大会のステージで踊り切り、感動を分かち合えてよかった」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2016年08月22日月曜日


先頭に戻る