宮城のニュース

<仙台市選管>ヒヤリ・ハット事例集作成へ

 仙台市選管は22日の臨時会合で、7月の参院選で選挙事務のミスが相次いだことを受け、ミスになりかかった実例をまとめた「ヒヤリ・ハット事例集」の作成など改善策を決めた。
 投開票事務では各区選管が一部マニュアルを独自に作成し、ばらつきがある点を課題に挙げた。市選管が次回選挙までに標準的な作業手順を提示する。
 人材育成に関してはヒヤリ・ハット事例集を職員向け研修で活用するほか、各区選管の担当者が集まる会合を不定期から定期開催に格上げする。
 選管事務局体制については、選挙時の業務が区選管事務局に偏っているとして業務分担と人的配置の見直しを市長部局と協議する。
 投票率の向上策も話し合い、有権者数が多い投票区の分割を検討したり、期日前投票所を増設したりする案を盛り込んだ。
 会合には我妻崇委員長ら市選管委員4人が出席。市選管事務局が5区選管からの聞き取りなどに基づく改善策を説明し、委員らが了承した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年08月23日火曜日


先頭に戻る