宮城のニュース

子どもの通学や塾送迎…サポートタクシー運行

 タクシー大手の第一交通産業(北九州市)は7月、仙台市内の傘下タクシー4社で子ども1人でも乗車できる「子どもサポートタクシー」の運行を始めた。学校や塾の送迎などさまざまな用途に利用可能で、共働き家庭などの需要に応じる。
 グループとしては4月に導入した北九州市に続き2カ所目。対象エリアは仙台市と宮城県利府、松島両町内で、4社の計約340台が対応する。送迎できる子どもは3〜12歳で、料金は通常のタクシーと同じ。
 事前に住所と主な送迎先をファクスで登録する。利用する際は配車センターへ電話し、時間と送迎先を伝えればタクシーが迎えに来る。送迎は24時間体制で対応。保護者は電話で送迎完了の連絡を受けることができる。料金は後払いも可。
 傘下の4社は2013年11月から、妊産婦をかかりつけの病院に送迎する「ママサポートタクシー」を運行している。子育て世代の利用者から「子どもだけで乗れるタクシーが欲しい」との声が寄せられていた。
 そのうちの一社、観光第一交通は7月から、約500人いる運転手や管理職を対象に、子どもの行動形態や応急救護を保育士から学ぶ講習会を開いている。小野寺慎太郎宮城ブロック営業推進課長は「大切なお子様を預かるだけに安全面は万全にしたい」と話す。
 サポートタクシーの問い合わせ先は専用ダイヤル(0120)010509。


関連ページ: 宮城 経済

2016年08月23日火曜日


先頭に戻る