宮城のニュース

<東北少年院>一夜の憩い 盆踊り楽しく

来賓と一緒に盆踊りを楽しむ院生

 仙台市若林区の東北少年院で18日、毎年恒例の盆踊り大会があり、院生や来賓客ら約130人が踊りを楽しんだ。
 浴衣姿の少年たちが体育館に設けられたやぐらを囲み、おはやしに合わせて踊りを披露した。社会復帰に向けて電気工事士などの資格取得に日々励む中、夏の一夜を満喫した。
 会場には院生手作りのあんどんや吹き流しも展示された。スイカや風鈴など夏の象徴が描かれ、祭りに彩りを添えた。院生の少年は「出院が近づいており、心に残る夏の思い出になった。社会に出ても頑張りたい」と思いを語った。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月24日水曜日


先頭に戻る