広域のニュース

<台風9号>宮城・蔵王町が避難勧告

 東北では22日、青森県むつ市、宮城県蔵王町、山形県舟形町、同県大蔵村、戸沢村が避難勧告、秋田を除く5県の計37市町が避難準備情報を出した。多くが避難所を開設し住民が一時避難。山形県米沢市では土砂崩れで温泉旅館の宿泊客らが孤立状態になった。
 米沢署によると、22日午後6時25分ごろ、米沢市大沢の市道で土砂崩れが発生。近くの滑川温泉と姥湯温泉の旅館計2軒の宿泊客ら計52人が孤立状態になった。人的被害はない。
 避難勧告はむつ市が旭町など10地区2150世帯4510人に発表。蔵王町は遠刈田など5地区1425世帯3234人、舟形町は17世帯56人、大蔵村は3世帯8人、戸沢村は282世帯796人に出した。
 避難準備情報は宮城県が仙台市青葉区と泉区、石巻、塩釜、気仙沼、名取、岩沼、大崎、登米、栗原、丸森、亘理の11市町が出した。22日午後3時半に発表した気仙沼市は「明るいうちに避難してほしい」と早めの避難を呼び掛けた。青森県が八戸など5、岩手県は盛岡など13、山形県は米沢など3、福島県は福島など5の各市町が出した。
          ◇         ◇         ◇
 台風9号は22日、千葉県館山市付近に上陸し、首都圏を直撃した。各地で猛烈な雨となり、相模原市で道路の冠水で流されたとみられる女性(58)が死亡、37人が負傷した。空の便は計500便以上が欠航した。
 台風9号は22日午後0時半ごろに上陸。午後9時現在、福島県相馬市付近を時速約35キロで北北東へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。23日午後6時までの24時間予想雨量は、東北と北海道200ミリ、関東甲信150ミリ。


関連ページ: 広域 社会

2016年08月23日火曜日


先頭に戻る