宮城のニュース

大友岩沼市議を会期中出席停止

 宮城県岩沼市議会の懲罰特別委員会は23日、議会の品位を汚す発言をしたとして、大友健議員を9月定例会の会期中、出席停止とする懲罰案を賛成多数で決めた。
 大友氏は6月定例会の議会運営委員会で、親族の結婚式参列が目的の海外旅行で公務を欠席した同僚議員が本会議で陳謝したことを巡り、「(出席停止などの懲罰を避けるための)政治的妥協だ」と述べた。
 大友氏は懲罰委で「『政治的妥協』というごく当たり前の言葉が使えないなら何も発言できなくなる」と主張。委員からは「『陳謝が真意からではない』という趣旨の発言は議会秩序を乱す」などの意見が出た。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年08月24日水曜日


先頭に戻る