宮城のニュース

着こなしコーデねぇと 手作り服飾披露

<再利用>着物をリメークした洋服を披露する「みやぎそよ風の会」のメンバー

 みんなで「ギャーギャー」と楽しむ手作りのファッションショー「ギャールズコレクションin美里」が21日、宮城県美里町駅東地域交流センターであった。
 町内の地域活動支援団体会員らでつくる世話人会が主催し、今回で4回目。お気に入りの服を着た女の子や大好きなフラダンスの衣装を着けた女性、昭和の花嫁道中を再現した町婦人会会員ら、町内外から集まった28組約60人の素人モデルが、次々に登場した。
 着物をリメークした洋服のファッションショーなどを行っている涌谷町の「みやぎそよ風の会」からは8人が参加し、夏の着物を使ったアロハシャツ、帯を使ったスーツなどを披露した。渡辺郁男代表(62)は「明るく楽しい地域づくりを目指すわれわれの活動と同じで、たっぷり楽しめた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月24日水曜日


先頭に戻る