山形のニュース

<明倫中訴訟>元生徒2人に再び賠償命令

 山形県新庄市で1993年に起きた明倫中マット死事件で、死亡した1年生の児玉有平さん=当時(13)=の遺族が、最高裁で確定した賠償金約5760万円の支払いに応じていない元生徒7人のうち2人に同額の損害賠償を求めた訴訟の判決で、山形地裁は23日、請求通り賠償を命じた。遅延損害金を含めた総額は計約1億2400万円。被告側は控訴しない方針。
 松下貴彦裁判長は判決理由で「2005年の確定判決と矛盾する判断をすることができない」とした。
 判決などによると、遺族が元生徒7人を相手に損害を求めた民事訴訟は05年、最高裁が全員の加害行為を認定し、支払いを命じる判決が確定した。だが、時効となる昨年9月までに支払われず、遺族は勤め先が分からないなどの理由で差し押さえができなかった元生徒3人に、10年の時効を中断するといった目的で訴えを起こした。その後、1人は給与差し押さえ手続きができたため、取り下げた。
 遺族側代理人の伊藤三之弁護士は「被告側は事実関係も含めた争いにする構えだったが、既に以前の裁判で認められているという判断をしてもらい、一安心している」と述べた。
 元少年の一人は「この事件は冤罪(えんざい)事件だ。結果は残念だが、無実を訴え続けていきたい」と語った。
 事件は児玉さんが93年1月、体育館用具室のマットの中で死亡しているのが見つかった。山形県警は傷害と監禁致死などの疑いで1、2年生の少年7人を逮捕、補導。山形家裁は3人を保護処分としたが、抗告審で仙台高裁は7人全員の関与を指摘し、判決は確定した。


関連ページ: 山形 社会 いじめ自殺

2016年08月24日水曜日


先頭に戻る