福島のニュース

旅館で11人が食中毒 福島

 福島県は23日、北塩原村の旅館「ゆ乃宿 湯流里」で8〜9日に食事した15〜52歳の男性11人が下痢や腹痛を訴え、検査の結果、水道として使っている敷地内の湧き水からカンピロバクターを検出したと発表した。患者はいずれも山形県置賜地方の高校の部活動の部員と顧問で、全員快方に向かっている。県は旅館を23日から5日間の営業停止処分とした。


関連ページ: 福島 社会

2016年08月24日水曜日


先頭に戻る