宮城のニュース

<台風9号>宮城 概算被害額6091万円

 宮城県は24日、台風9号による概算被害額が計6091万円に上ったと発表した。最も多かったのは農作物関連の3043万円。県南部を中心にダイコンやトウモロコシの畑などで土砂流入の被害があった。
 農業用施設では、古川農業試験場(大崎市)の施設のトタン屋根が強風ではがれ、1705万円の被害が出た。土木関係は900万円。栗原市の道路のり面に設置されている土砂流出ネットが破損した。商工関係では観光施設のガラスが割れるなどし、110万円の被害が確認された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年08月25日木曜日


先頭に戻る